自然葬の一つである海洋葬

海洋葬とは、遺骨を自然に還す自然葬の一つで、海に散骨する方法です。

現在の日本では、墓地に埋葬されることが一般的ですが、意識の変化や法解釈の進展などにより海洋葬は、少しずつ認知され始めています。

朝日新聞の有益性の紹介です。

遺骨をそのまま散骨することは、禁止されているため、2mm以下の大きさにしてから散骨を行います。


会社によっては、遺骨を細かくパウダー状にすることもあります。

遺骨すべてを散骨する場合と遺骨の一部は残す場合がありますが、どちらの場合でも遺族の希望で行うことになっています。



海洋葬には、主に3種類あります。
1組で船を貸切チャーターする個別散骨は、船長や添乗員と同乗し、散骨場所まで行きます。

家族のみで乗船できるため、気兼ねなく散骨が可能です。

15万円から40万円前後かかることがあります。


2組から3組で船を貸切チャーターする合同散骨も同じように船長や添乗員が同乗し、一緒に散骨を行います。



合同散骨では、乗合の形となるため、日程調整などが必要になります。

その代わり個別散骨に比べると費用が安くなり、10万円から20万円程度で済むことが多いです。

遺骨散骨は、遺骨のみを預け、家族は乗船しない方法です。


散骨後に海洋散骨証明書や写真などを送る場合があります。

遺骨のみを預けるため、5万円から10万円程度と乗船して散骨する方法に比べると費用を抑えることができます。
費用は、依頼する会社や乗船人員、使用する船舶、準備する品々などによっても変動します。