自然葬はどうやればいいのか

通常の火葬を終えた後、お寺にあるお墓に埋葬してもらうのが一般の遺骨の処理の仕方でしょう。

仮に生前、仏教や他の宗教に関わっていない人でも現在の法の下では、つてをたどってお寺や教会で埋葬してもらうのが一番楽で身内からの評判もよいでしょう。
最近は自然葬という、形式にこだわらない埋葬が増えています。

これは基本的に火葬した遺骨を墓地ではなく自然の中に返すといったものです。


具体的には海や山に遺骨をまき散らして自然と同化させるという方法を取ります。

しかし、街中や海水浴場など、誰もが行く場所に勝手に散骨できるわけではありません。



他人の庭や私有地の山などに勝手に骨を撒くことは禁じられています。

そもそも市で火葬してもらう段階では、どこに埋葬するかと言う埋葬許可証が必要になります。

勝手に民家や空き地に散骨されても困るからです。


自然葬を望む場合は、散骨する場所の持ち主に許可を得ておかなければいけません。

読売新聞情報のことならお任せください。

海などでも国の機関に申請して生活圏に影響がないと判断された時のみ許可されます。

地上に散骨する場合は土地の持ち主と直接交渉するのは事実上難しいので、自然葬をお世話してくれる団体に頼むのが一番楽でしょう。

牧草地や空き地など、社会には自然そうに理解のある地主さんも少なくはないのです。



自然葬を望む本人がなくなってからでは探したり選んだりする時間が圧倒的に足りなくなりますから、本人が存命の時期に、候補地を決めておくのが理想です。